カテゴリ

Powered by Six Apart
Member since 07/2008

和菓子 Feed

2012年5月28日 (月)

冨士屋 小男鹿 2回目掲載

徳島シリーズ最終回は、大阪高島屋銘菓百選コーナーで以前に購入し、地方のお菓子でプチ感動し記憶に残っていた、小男鹿本舗 冨士屋さんです。まず恒例の徳島駅前店の外観は・・・とってもわかりやすい場所にあるんです

Cimg4565

店内に暖簾が 御菓子司 冨士屋と

Cimg4573

ショーケースにはお目当ての商品と

Cimg4567

カウンターの上には、かしわ餅が・・・

Cimg4572

小男鹿 1100円 かしわ餅 400円を購入しました

かしわ餅の登場です

Cimg4625

あけると・・・

なんともいえない香りよく

Cimg4627

切って食すと・・・

超上品なこしあんがねっとりまったりいい感じ、やさしく旨い最高大満足美味

Cimg4630

小男鹿

甘からず不味からず、佳味幽玄にしてゆかしき「小男鹿」の風味、これこそが稀にみる日本の味、風雅な和菓子の味です。
 太陽と大地に育まれし山の芋、阿波特産和三盆糖、厳選された小豆と粳米、これら全ての持ち味を、それぞれに活かし、伝統の手法で練り上げた蒸菓子です。と

Cimg4642

裏面に原材料が・・・

和三盆糖なるほどね

Cimg4646

案内に・・・さ を しかと

Cimg4656

あけると、小男鹿の登場です
牡鹿の姿と雅び男のこころをお菓子で物語ったものであります。是非、ご賞味ください。と・・・

Cimg4660

切って食すと・・・

しっとりとした生地に、もっちり感と小豆の食感が小気味よく、和三盆糖のやさしい甘さが上品です、とっても旨い旨い最高大満足美味美味

Cimg4667

 美味しい和菓子は心を落ち着かせてくれますね。また買わせてもらおっと・・・         

             冨士屋 徳島駅前店
             徳島駅前一番町角

                          088 652 0383     訪

                  冨士屋 HP

               1回目掲載 2007.12.27

2011年12月27日 (火)

和菓子 菜の花 月のうさぎ 月の黒うさぎ

 Aj_banner_l_8Aj_banner_lb_5Aj_banner_l_8Aj_banner_lb_5

またまたとある方から頂いたのは、和菓子 菜の花さんの月のうさぎ 月の黒うさぎです。まず恒例の箱は・・・

Cimg8472

箱をあけると・・・

月のうさぎ 月の黒うさぎの登場です

Cimg8479

栗まんじゅう 月のうさぎ

Cimg8484

裏面に原材料が・・・なるほどね・・・

Cimg8487

取り出すと・・・

満月の日に生まれた、菜の花の一番のおくりもの。粒の大きなやわらかな栗が、まるごとひとつ入った栗まんじゅう。月とうさぎをイメージしてつくられた、モダンでしかもなつかしい麦こがしの味わいと・・・

Cimg8515

切って食すと・・・

やさしい餡に、栗甘露煮がごろりと入っています

Cimg8516

渋皮栗 月の黒うさぎ

Cimg8490

裏面に原材料が・・・なるほどね・・・

Cimg8493

取り出すと・・・

2009年の十五夜に誕生。渋皮栗をまるごと一粒。粉糖を使わずに、麦こがしをたっぷりまぶして香ばしく焼き上げました。甘すぎず、大人の味わいと・・・

Cimg8508

切って食すと・・・

香ばしい生地の中には、渋皮栗甘露煮がごろりと

Cimg8510

                            和菓子 菜の花

                                       神奈川県小田原市南町1-5-22

                                                             0465-22-5528

 Aj_banner_m_5Aj_banner_m_5Aj_banner_m_5Aj_banner_m_5

2011年10月 2日 (日)

浪芳庵  炙りみたらし 生クリーム入栗生銅羅焼き

        Aj_banner_lb_5Aj_banner_l_8Aj_banner_lb_5

またまたとある方に頂いたのは、浪芳庵さんの炙りみたらし 生クリーム入栗生銅羅焼きです。まず恒例の袋は・・・NAMIYOSHIANと・・・

Cimg5319

取り出すと・・・炙りみたらしの登場です

Cimg5324

原材料が・・・なるほどね・・・

Cimg5326

あけると・・・

お餅を直火であぶり、「利尻産の昆布だし」と「湯浅産のたまり醤油」を煮詰めたタレで仕上げました。香ばしさのなかに甘さが光りますと・・・

Cimg5329

食すと・・・

軽いタッチでサックリと、やさしいたれで瞬食しました

Cimg5331

大阪難波 生クリーム入 <栗>生銅羅焼きと・・・

Cimg5334

切って食すと・・・

極々普通で食べやすく

Cimg5344

                浪芳庵

                   大阪市中央区難波4丁目8-5

                             06-6641-1351

                                   浪芳庵 HP

 Aj_banner_m_5Aj_banner_m_5Aj_banner_m_5Aj_banner_m_5

2011年10月 1日 (土)

山中石川屋 娘娘万頭

       Aj_banner_lb_5Aj_banner_l_8Aj_banner_lb_5

連休ちょこっと福井・石川県に北陸シリーズ第三弾最終回は、

何か甘物ねたがないかと探し伺った、山中石川屋さんの娘娘万頭です。さあいざ突撃・・・まず恒例の外観は・・・ちょっと歴史を感じるお店です

Cimg6058

娘娘万頭 6個入 735円を購入しました

包装は・・・

Cimg6137_2

裏面に原材料が・・・なるほどね・・・

Cimg6140_2

箱は・・・加賀名物 娘娘万頭と・・・

Cimg6143_2

あけると・・・

娘娘万頭の登場です

Cimg6150_2

案内が・・・

名物娘娘万頭は、加賀の言葉から名付けたもので、その親しみのあふれた愛称と色合、形の面白さ、しかもとてもあっさりした味わいが御好評頂いております。どうぞ御贈答用に御進物用に郷土豊かな娘娘万頭をご賞味下さい。と・・・

Cimg6155_2

取り出すと・・・

加賀名物 にやあ にやあと

Cimg6160_2

娘娘万頭

加賀の代表銘菓「娘娘万頭」は、加賀言葉から名付けたもので、黒糖と地産味噌のほのかな香りがほどよく調和して、口あたりもまろやかに甘さを押えた、うれしい万頭です。どうぞお土産に、郷土色豊かな娘娘万頭をご利用下さいませと・・・

Cimg6168_2

切って食すと・・・

あっさりとした皮に黒糖とコクがある甘さが、お疲れモードにいい感じ

Cimg6174_2

こんなんも食べました

娘娘万頭ソフトクリーム

Cimg6063

食すと・・・

ちょっと微妙?ちゅうかアイデアなさすぎ

Cimg6066

         山中石川屋

             石川県加賀市河南町タの1番地

                       0761‐78‐0218   訪

  Aj_banner_m_5Aj_banner_m_5Aj_banner_m_5Aj_banner_m_5

2011年9月18日 (日)

御菓子処 甘泉堂  羽二重餅

       Aj_banner_lb_5Aj_banner_l_8Aj_banner_lb_5

福井県に帰られたとある方より頂いた第一弾は、御菓子処 甘泉堂さんの羽二重餅です。まず恒例の包装は・・・

Cimg4745

裏面に原材料が・・・なるほどね・・・

Cimg4750

箱は・・・

Cimg4752

あけると・・・羽二重餅の登場です

Cimg4756

説明書に福井銘菓と・・・

Cimg4758

取り出すと・・・

福井は豊富な伏流水と、きれいで冷たい地下水のおかげで、うまみが凝縮したお米が取れます。その中でも弊社で多く使用しているカグラ米と言う品種は、とても蒸し上がりの風味が良く、おいしい香りがあたり一面にただよいます。そのカグラ米を主として使用し、100%福井産と言うこだわりを持っております。さらに2時間練り上げることできめこまかく、しなやかですっきりした甘さの羽二重餅に仕上がります。と・・・

Cimg4764

食すと・・・

ふんわりやわらか甘さ控えめいい感じ、瞬食してしまいました

Cimg4769

          御菓子処 甘泉堂

               福井県福井市中央1丁目21-24

                          0776-22-4152

            御菓子処 甘泉堂 HP

 Aj_banner_m_5Aj_banner_m_5Aj_banner_m_5Aj_banner_m_5

2011年9月11日 (日)

山田竹風軒本店  源氏巻

   Aj_banner_l_8Aj_banner_lb_5Aj_banner_l_8Aj_banner_lb_5

久しぶりの甘物ねたで、山口県に帰られたとある方よりいただいたのは、山田竹風軒本店  源氏巻です。まず恒例の箱は・・・なかなか趣のあるものですね

Cimg4594

裏面に原材料が・・・なるほどね・・・

Cimg4596

取り出すと・・・津和野名物 源氏巻と・・・

Cimg4600

裏面には・・・

江戸・元禄時代、赤穂の浅野内匠守の刃傷が起こる前のことです。当時の津和野藩主、亀井茲親が勅使接待役を命じられ、吉野上野介に教示を依頼しましたが、浅野同様、数々の非礼を受け藩主を怒らせました。それを知った国家老多胡外記は早速、吉野家に進物を贈りつけ、ことなきを得ました。その時の進物の一つが「源氏巻」です。小判を下に敷き、その上に竹皮で包んだ源氏巻をのせたという言い伝えがあります。津和野を救ったといわれる縁起の良いお菓子ですと・・・

Cimg4602

あけると・・・ロングロングアゴー、津和野に行った時食して以来久し振りなんです

Cimg4609

取り出すと・・・源氏巻の登場です

こしあんをカステラ状の生地で巻いた、あん巻です。程よい甘さとしっとりした食感をお楽しみください。と・・・

Cimg4613

切って食すと・・・

これといった特徴はありませんが、しっとりした生地にやさしいこしあんが、懐かしく思い出しました

Cimg4619                         

          山田竹風軒本店

                                    島根県鹿足郡津和野町高峯584-2

                                                                  0856-72-0041

 Aj_banner_m_5Aj_banner_m_5Aj_banner_m_5Aj_banner_m_5

2011年8月14日 (日)

福砂屋 カステラ

  Aj_banner_l_8Aj_banner_lb_5Aj_banner_l_8Aj_banner_lb_5

久し振りの甘物ねた第二弾は、長崎に行ってはったとある方に頂いた超有名な、福砂屋さんのカステラです。まず恒例の包装に・・・生菓子と・・・

Cimg2793

横面に原材料が・・・なるほどね・・・

Cimg2803

長崎カステラ本家 福砂屋 創業寛永元年と・・・

Cimg2811

カステラ

カステラの底に双目(ざらめ)糖が撹拌(かくはん)の際擦り減らされた中にも残っているのが長崎カステラの特徴です。伝来の古法を守り、丹精こめて焼きあげる、手づくりならではの味わいと存じます。と・・・

Cimg2826

横から見ると・・・

綺麗な焼き上がりで

Cimg2828

食すと・・・

濃厚な卵の風味とざらめの食感のよさがしっかり味わえ、甘みの余韻に風格を感じます、ずいぶん甘めで旨い最高大満足美味

Cimg2833

カステラ頂く時、私はなぜかほっこり気分が和らぎます。お疲れモードに最高ですね                                    

                  福砂屋

                                            長崎県長崎市船大工町3-1

                                                                095-821-2938

 Aj_banner_m_5Aj_banner_m_5Aj_banner_m_5Aj_banner_m_5

2011年8月13日 (土)

じゃばらくず餅 山崎梅栄堂

  Aj_banner_l_8Aj_banner_lb_5Aj_banner_l_8Aj_banner_lb_5

久し振りの甘物ねた第一弾は、またまたとある方より頂いた、山崎梅栄堂のじゃばらくず餅です。まず恒例の包装は・・・吉野本葛使用と・・・

Cimg2759

横面に原材料が・・・なるほどね・・・

Cimg2764

説明書にお召し上がり方が・・・

Cimg2773

取り出すと・・・じゃばらくず餅の登場です

Cimg2771

じゃばらくず餅

弾力ありプルンプルンで・・・

Cimg2778

黒蜜をかけて・・・

Cimg2786

きなこをかけて・・・

Cimg2788

食すと・・・

プルンプルンのくず餅に柚子のさわやかさが心地よく、蜜ときな粉で香りよくしっとり甘くいただけました、旨い最高大満足美味

Cimg2792

暑い夏にもってこいのさわやかなお菓子です                     

          山崎梅栄堂

                               和歌山県西牟婁郡白浜町2386-47

                                                              0739-43-2056

 Aj_banner_m_5Aj_banner_m_5Aj_banner_m_5Aj_banner_m_5

2011年5月 8日 (日)

とらや

 Aj_banner_l_8Aj_banner_lb_5Aj_banner_l_8Aj_banner_lb_5

またまたとある方より頂いたものは、とらやさんの一口サイズの羊羹です。まず恒例の包装は・・・

Cimg8232

箱の裏面に

Cimg8237

あけると・・・小倉羊羹 夜の梅 白小豆入羊羹 空の旅 黒砂糖入羊羹 おもかげの登場です

Cimg8245

小倉羊羹 夜の梅

「夜の梅」の銘は、羊羹の切り口の小豆が、夜の闇にほの白く咲く梅を思わせることに由来しますと・・・

Cimg8256

裏面に原材料が・・・なるほどね

Cimg8253

食すと・・・

光沢よくこれぞ羊羹!小豆のこの甘みが全ての指標

Cimg8378

白小豆入羊羹 空の旅

紅色の煉羊羹に希少な白小豆を散らし、夕焼け空に浮かぶ雲を表しました。上品な甘みが特徴ですと・・・

Cimg8258

裏面に原材料が・・・なるほどね

Cimg8260

食すと・・・

やさしい甘みを微妙に感じ

Cimg9348

黒砂糖入羊羹 おもかげ

沖縄県西表島で、昔ながらにつくられている良質の黒砂糖を使った煉羊羹ですと・・・

Cimg8262

裏面に原材料が・・・なるほどね

Cimg8264

食すと・・・

黒砂糖のどこか懐かしい甘みをしっかり感じ

Cimg8390          

一口サイズは糖蜜をしっかり感じ、お茶で羊羹まったりした時間がすごせました

   とらや 近鉄百貨店 阿倍野店

               大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43

                             06-6624-1111

                   とらや HP

 Aj_banner_m_5Aj_banner_m_5Aj_banner_m_5Aj_banner_m_5

2011年5月 4日 (水)

かん袋 くるみ餅 再訪問 2回目掲載

 Aj_banner_l_8Aj_banner_lb_5Aj_banner_l_8Aj_banner_lb_5

日曜の夕方に堺市内まで出かける用事があり、久し振りで行ってみたいとおっしゃるお方をお連れして伺ったのは、かん袋さんです。まず恒例の外観は・・・この時点では行列が出来てなかったんですが、すぐまたお待ちで並ばれていました

Cimg9355

入り口は・・・

Cimg9356

店内はもちろん満席のため撮影は遠慮しました

氷 ダブル 700円

氷 シングル 350円 を注文しました

左 シングル 右 ダブル

氷で何も中が見えませんが、私にはこの氷が重要なんです

Cimg9362

中には・・・

きめ細やかな氷をあけると、しっかりした餅に、やや甘めの濃厚なあんが絶品です。濃い甘さに氷がいい仕事してくれています

Cimg9368

            かん袋

               堺市堺区新在家町東1-2-1

                     072-233-1218      訪

                               1回目掲載 2007.2.1

Aj_banner_m_5Aj_banner_m_5Aj_banner_m_5Aj_banner_m_5